FC2ブログ

水のおはなし【89】

2012/11/07

辞書は言葉の海を渡る舟。

遅ればせながら『舟を編む(三浦しをん/著)』を読みました。

語数23万の辞書『大渡海』を15年かけて創り上げるお話。
辞書創りの話がこんなに面白いとは!

映画化も決まっているみたいですね。

言葉にこだわる、紙にこだわる。
主人公、馬締(まじめ)の専門家→オタク→変人っぷりが良い味、上々。

下宿先「早雲荘」の古びた雰囲気も良かったですね。

ただ一点、物申すとすれば、辞書編集部はもう少し業務効率を改善してもいいんじゃないかと..システムを取り入れれば仕事が早く進みますよ。検索機能、コピペ機能は強力です(小説に突っ込むのは変ですねw)。

デジタルな世界が主流になればなるほど、
アナログなぬくもりがどんどん大事になっていく..
この小説とその人気ぶりから学ばせていただきました。

 Home